ドローン情報

ドローンの歴史から読み解くこれからのドローンの在り方について

ドローンの歴史から読み解くこれからのドローンの在り方について
近年から話題になりメディアでも取り上げられ誰しもが一度は聞いたことがあるであろう「ドローン」という言葉。ドローンが有名になり始めたのも技術の発展によって高額だった物が安価になり一般市民にも流通し始めたからであろう。 今回は、そのドローンについて誕生から過去・現在を経てこれからの未来の姿について紹介していきます。

ドローン誕生と名前の由来

蜂の画像
ドローンはもともと軍事利用を目的に開発されていました。構想は今よりもずっと昔の第一時世界大戦頃に各国で始まりました。現在のドローンとはほど遠いですが、無人航空機という意味では、日本にも1930年代に大河原碌碌が発明した「低翼単葉ロボット機」と言われているものなどがありました。
「ドローン」という名前の由来は諸説ありますが、イギリスの無線操縦機クインビー(女王蜂)と呼ばれる機体があり、その女王蜂という名をアメリカが転じ、標的機に(オス蜂)「ドローン」という呼称をつけたのが有力なルーツとされています。

ドローンの歴史

戦闘機の画像
ドローンは軍事目的で始まり、現在では様々なことに応用されています。時代ごとにドローンの使われ方などについて紹介します。

1930年頃(誕生)
日本の「低翼単葉ロボット機」やイギリスの「Queen Bee」などがあり、いずれも軍事目的で開発が行われていました。

1940年頃(第二次世界大戦)
様々な国がドローンの開発を進め特に有名なのがドイツです。ドローンの開発を推し進めたドイツでは「ミステル攻撃機」や世界を震撼させたV2ロケットの原型でもある「V1飛行爆弾」などが開発され、アメリカもドイツに対抗するためB-17爆撃機を改造し「BQ-7」という無人機に改造するなど戦争によって技術力の競争が起こり無人航空機が発展していきました。

1950年代~1970年代(冷戦時代)
戦争が終わり、世界各国が落ち着きを取り戻している頃、ソ連とアメリカによるにらみ合いが続いていました。この冷戦時代はドローンが本格的に導入・発展した時代でもあり、ソ連の「Tu-141ストリーシュ」やアメリカの「D-21」や「マスティフ」などがありました。発展の裏にはドローンによる偵察が主な目的となったことや、無線機の小型化や電子誘導装置が発達したことがあり、この時代に現在のドローンの性能にぐっと近づいてきました。

1980年~2010(近代)
通信機器や画像電子機器やといった技術面やコンピュータの発達により、ドローンの制御技術が格段と躍進致しました。
特にGPSや衛星通信の普及により遠隔でもリアルタイムで操縦と映像の取得ができるようになり現在は自動操縦なども徐々に行われるようになりました。それまでは軍事目的としたドローンの活用がメインでしたが、日本のヤマハ発動機が1987年に世界初の産業用無人ヘリを開発するなど、農薬散布といった軍事目的以外にもドロ―ンが使用されるようになりました。
また現在のような、ドローンと言われてイメージする形になったのは2010年にフランスのParrotが開発したAR.Droneが世界的なヒットを巻き起こし、日本でもドローン芸人と呼ばれる人がメディアに現れ世間でドローンが認知され始めた頃でした。

2010年~現在
ドローンの低価格と性能の向上により、ドローン市場は格段と成長しました。
特にDJIのドローンはドローンの脳みそにあたるフライトコントローラーと綺麗な映像撮るためのジンバルの技術が優れており、ドローンメーカー全体のうち、約7割のシェアを占め一世を風靡しました。 誰でもドローンを買え、自由に飛ばせるようになったことで、ドローンの用途も開拓され、空撮に限らず屋根点検や測量など様々な業務に活かされるようになっています。
しかし、ドローンの普及は良いことばかりではなく、首相官邸にドローンが落下した事件や新幹線線路内にドローンが落下してしまう事件もありました。盗撮や敷地内侵入など細かな事件で言えば数え切れないほどあります。 このように誰でも犯罪が行えてしまうという危険性があるため、日本では新たな法律や規制が新設されるようになりました。

ドローンのこれからについて

ドローン市場グラフ
ドローンの歴史は軍事目的から始まり今では空撮や点検業務に限らずドローンレースなどドローンの用途は格段と広がってき、上のグラフが示すように市場規模も拡大していきます。
普及とともに法律の整備もされているので今後ドローンの犯罪は減り、市民も安心して過ごせる未来になっていくでしょう。
また特に日本の場合ですが、人口減少に伴い働き手も減るので、その分を補わなければなりません。そこで注目されているのがドローンの活用で、従来ならば大人数・大コストがかかる作業もドローンの導入で少人数・低コストで行えるようになりました。
そのような背景もありドローンの操縦士が14万人不足するとされています。 ドローン市場は比較的新しい市場ということもり新規参入をするなら時代の変化点にいる今がチャンスでしょう。

まとめ

ドローンの歴史を見ると戦争の歴史でもありました。争うことで技術が発展し、今後の生活を豊にしているので、良いのか悪いのか何とも言えないですが、これからより市場も大きくなり良い未来になっていくでしょう。
そしてドローン操縦士の仕事についてもっと知りたいという方は以下の記事で紹介していますので覗いてみてください。
ドローンでの仕事にはどんなものがある?
ドローン操縦士の求人にはどんなものがあるか?
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について