DPA(ドローン操縦士協会)とは

DPA(ドローン操縦士協会)は、2016年6月にドローン操縦士の技術、技量の健全な発展を図り、航空の安全確保につとめ当該技術、知識の普及と諸般の調査研究を行うことを目的として設立された団体です。
2017年6月1日に国土交通省登録管理団体として認定されました。
DPAは、ドローン操縦士「回転翼3級」の資格発行元となります。 DPAでは下記二点を基本方針に掲げて活動しています。
(1)ドローン航空の安全文化を構築する
(2)環境・衛生・人命救助・警備等各分野とドローン航空の発展との融合、調和を図る

DPA(ドローン操縦士協会)と
ドローンスクールお台場・渋谷分校の関係について

ドローンスクールお台場・渋谷分校は
国土交通省登録講習団体・DPA認定校です。

国土交通省登録講習団体・DPA認定校の解説図

DPA資格の特徴・強み

カリキュラム・インストラクター・施設
  • 施設の特徴・強みについて
  • インストラクターの特徴・強みについて

ドローン操縦士回転翼3級とは

DPAが2017年6月から始めた資格で、企業や個人会員が、最先端で安全なドローン活用を実現するため、ドローン操縦技術に関する認定資格を制度化したものとなります。
※認定資格は、「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」で定められた「小型無人機の利活用と技術開発のロードマップ」に基づく制度設計を行っており、飛行レベルと、機体の形状によって、資格の種別を設けています。

ドローン操縦士回転翼3級 資格認定制度

  • 対象

    ドローン操縦初心者
  • 適正要件

    F年齢:15歳以上、視力、色覚、身体要件あり
  • 認定内容

    ・小型無人航空機を安全に飛行させるために必要な基礎知識
    ・小型無人航空機を安全に操縦する基本技能
  • 認定証発行機関

    一般社団法人ドローン操縦士協会
  • 有効期間・更新

    2年間 ※更新には更新料が必要になります。

ドローン操縦士回転翼3級取得のメリット

ドローン操縦士回転翼3級の取得の最大のメリットは、国土交通省からの「飛行許可」の承認を得やすくなるという点があります。ドローンは、「改正航空法」によって、操縦できるエリアと操縦方法については細かく制限があります。
例えば、通常、都市部や住宅が密集している場所ではドローンは飛行できません。
しかし、その制限された範囲を超えてドローンを飛ばしたい場合(例えば空撮や点検作業など)でも、国土交通省に『飛行申請書』を提出し、「飛行許可」をもらう必要があります。その飛行申請時に提出する飛行申請書の書類においては、ドローン操縦士回転翼3級を添付することで、提出書類を省略することができるようになります。
また、ドローン操縦士回転翼3級はドローンの操縦技術を正しく保有している技術証明となるため、飛行時に土地所有者や警察署、近隣住民へのご説明がスムーズに行えるようになります。また、ビジネス用途で活用の際にはクライアントへの説明にも有効となります。

  • ドローン操縦士回転翼3級取得のメリット1
  • ドローン操縦士回転翼3級取得のメリット2
  • ドローン操縦士回転翼3級取得のメリット3

▼ドローン操縦士3級 証明書サンプル

ドローン操縦士3級証明書サンプル1 ドローン操縦士3級証明書サンプル2

ドローン操縦士回転翼3級を取得するために

ドローン操縦士回転翼3級を取得するためには、当スクールの「回転翼3級コース」を受講頂ければ、必要な条件を満たすことができようになります。スクールの試験合格後にドローン操縦士協会(DPA)より資格が発行されます。

  • ドローン操縦士回転翼3級を取得する手順
  • ドローン操縦士回転翼3級を取得する手順2

DPA資格認定 今後の予定

政府では、「空の産業革命に向けたロードマップ」において、「2018年に山間部等における荷物配送を実施し、2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化させる」という目標を掲げています。
その実現に向けては、経済産業省と国土交通省は、飛行に求められる機体の機能及び性能、無人航空機を飛行させる者並びに安全を確保するための体制に求められる要件等について検討を進めています。DPAにおいても政府方針の沿う形での資格発行を以下のような形で目指しています。

▼空の産業革命に向けたロードマップ(PDF)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/pdf/siryou14.pdf

▼DPA回転翼1級までのステップ(仮)

DPA回転翼1級までのステップ

直接スクールへの受講申込みも受け付けております!

スクールに申し込む
TOP