ドローン災害時支援について

地震災害、風水害その他の災害が発生した場合、
ドローンを活用して被災状況の把握を迅速に行います。

災害時におけるドローンの活用

海と山に囲まれ、水資源が多い日本列島は、豊かな自然に恵まれています。
一方で、自然がもたらす災害は全国で毎年数多く発生しています。

ドローンはヘリなどに比べ、より短時間で上空から地上の状況を把握できるため、
被災状況の把握や被災者の発見などを迅速に行うことが可能になります。

ドローン活用によるメリット

01

被災状況の把握

被災状況の把握

ドローンを飛行させ、
被災状況を上空から把握する

02

被災者の発見

被災者の発見

人が立ち入るのが危険な場所や、
瓦礫などで立ち入れない場所を
ドローンを飛行させて、生存者を発見する

03

安全なルートの確認

安全なルートの確認

ドローンが先導して状況を把握し、
救援隊や物資輸送などが配送できる
安全なルートを確認する

今後のテクノロジーの進歩や法改訂によっては
以下のような取り組みも期待されています

被災現場への物資輸送

被災者の救助

消化活動による二次災害の抑制

ハミングバードの取り組み

01

自治体との災害協定の締結

ハミングバードは、東京都の江戸川区と足立区それぞれと災害協定を締結しています。
災害発生時にはドローンを活用して被災状況の調査を行います。

(左から)江戸川区斉藤区長、ハミングバード鈴木

2020年11月11日 東京都江戸川区と
「無人航空機による情報収集等に関する協定」を締結

災害発生時に江戸川区の要請に基づき、ハミングバードが被災現場でドローンを運用して上空から収集した情報を提供することが定められています。

空撮された映像は、本庁舎等に設置された高所カメラでは確認できない箇所など、被災状況を一早く把握できるよう用いられ、例えば住家被害認定調査などに活用することを想定されています。

リリースはこちら↓ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059475.html
足立区における講習風景
(足立区より許可を得て撮影しています)

2021年8月30日 東京都足立区と
「災害時における無人航空機を活用した
支援協力に関する協定」を締結

地震災害、風水害その他の災害によって足立区内で被害が発生した場合、ハミングバードへ協力要請することで、ハミングバードの操縦士が所有の無人航空機を使い、被災状況の調査を行います。

リリースはこちら↓ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000059475.html

02

緊急災害対応アライアンス「SEMA」への加盟

緊急災害対応アライアンス「SEMA」(シーマ)は、
ヤフー株式会社が中心となって立ち上げた民間企業と市民団体(CSO)が連携し、
日本国内において災害支援を行うための仕組みです。

2022年1月18日
緊急災害対応アライアンス「SEMA」に、ハミングバードはドローンを活用した
被災状況の把握、被災者の発見で支援すべく、加盟致しました。

人が立ち入るのに危険な場所や、障害物や瓦礫などで人が立ち入れない場所にドローンを飛行させて被災状況の把握、被災者の発見を行います。また、ドローンが先導してルートを確認することで、救援隊や物資輸送が安全に走行できるようになります。 SEMA 加盟企業・市民団体の一覧 https://sema.yahoo.co.jp/member/

03

医療機関との提携

医療法人伯鳳会 東京曳舟病院様と提携し、
災害時にドローンを飛行させることができる操縦士の育成を支援しています。

2021年11月19日
医療法人伯鳳会 東京曳舟病院が導入した世界初の災害医療対応モビリティ・ソリューション「Medical-ConneX」に対し、ドローン操縦士の育成を支援

災害現場においては、ドローンを活用することで危険が伴う場所や人が立ち入れない場所において、迅速に詳細情報を把握することができるようになり、被災者の発見、救助に役立てることが可能になります。

災害現場における被害状況の把握
被災者の発見
周辺情報の安全確認
要救助へのスピーカーによる呼びかけ
医療物資の運搬

リリースはこちら↓ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000059475.html

04

都心型災害に対応可能な操縦士の育成

ハミングバードのインストラクターは、
都心部における災害を想定した現地訓練を定期的に実施しています。
また、スクール卒業生のなかでも操縦経験豊富な20名に定期的な勉強会を開催しています。

災害時におけるドローン活用や
災害協定などに関するお問い合わせは、以下よりお願い致します。

お問い合わせ・ご相談はこちら
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について