ドローン情報

ドローンのリモートIDって何?価格や大きさは?

2022年6月20日から100g以上のドローンは機体登録が義務化され、これ以降に機体登録をした場合はリモートIDの装着が義務化されました。

2022年6月20日以前に機体登録を行った場合は、義務化以降も3年間はリモートIDの装着が免除され、機体番号をドローンに記載するだけとなっています。
しかし免除期間は3年間のみで、3年後の更新時にはリモートIDの装着が必須となります。

そこで今回はそのリモートIDについて詳しく解説して行きます。
また先日のJapan Drone 2022にて価格や大きさなど様々なことが明らかになったので合わせて紹介したいと思います。

リモートIDとは

リモートIDとは自動車でいうナンバープレートのような物で、個々の機体に対してIDが付与されBluetoothやWi-Fiといった無線通信を通して離れた所からでも機体情報を受信することができます。

またリモートIDから発信される機体情報は具体的に以下の情報となっています。
・登録番号(国土交通省が発行する登録記号)
・製造番号(メーカーの製造番号)
・位置情報
・時刻
・認証情報

リモートIDから発信される情報は、警察官や重要施設関係者、航空局など所有者を含めた特定の者が、スマートフォンなどの受信装置を用いることで機体情報を受信することが可能となっています。

価格や大きさは?

リモートIDは民間企業によって製造されているため価格や大きさは様々です。
また産業用ドローンに向けた物や小型ドローンに向けた物など用途によって性能も変わります。

なので、ざっくりとした値段にはなりますが、現在価格が公表されている物だと4万円ほどとなっています。
ですが、オープン価格の物など正式に価格を公表していない物を含めると4万円以下になる物もあります。

また今後は生産が安定しリモートIDを販売する企業も増えれば価格も下がると想定されます。

DJI製品はどうなる?

DJI JAPANは、日本国内向けに販売している一部機種に関し、ファームウェア更新による内蔵リモートID機能対応を開始するとの発表があり、6月24日時点では以下の4機種がリモートIDに対応しております。

・DJI Mini 3 PRO
・DJI Mavic 3 シリーズ
・DJI Air 2S
・DJI Mini 2
また上記の機種以外に関しても今後対応していくとの発表があり、以下のモデルが対応する予定です。
詳しくは下記の公式ページからご確認いただけます。
【解説】リモートID対応機種に対するリモートID書込み方法– 一般向けドローン –

なのでDJIのドローンに関してはアップデート次第でリモートIDを別途購入する必要もないので、リモートIDに関しては安心ですね。



各メーカーのリモートIDを紹介
現在3社からリモートIDについては発表があり、まだ販売を開始していない物もありますが、ご紹介いたします。

イームズロボティクス

イームズロボティクスは「リモートID送信機」と「リモートID受信機」の2機種を販売しています。
外寸60×30×22mm、重量33gとコンパクトな設計となっており、約120mmのリード型アンテナを装備しています。
充電時間は約1時間で、8時間以上の連続稼働が可能となっています。

また防水・防塵性能に優れており落下や振動に対するテストも行っているため、墜落などの万が一の時にも安心して使用できます。

このリモートIDの最大の特徴としては、通信距離は最大(見通し)1500mとなっていることです。
そのため、機体を紛失(ロスト)してしまったときにも、リモートIDは電源とGPS/GNSSアンテナが独立しているため、受信機などを使い捜索などに役立てることができます。

価格はオープン価格となっているため販売店によって値段は前後しますが、現在販売している店舗の価格では4万3000円ほどとなっています。

Braveridge

BraveridgeのリモートIDは用途によって様々な使い分けのできる5種類を発表しております。
外寸40×40 mmの基盤タイプとなっており、重量は基盤のみで8.5 gでとても軽量となっています。
バッテリーは外付けか、ドローン本体からの給電により動作します。

このリモートIDの最大の特徴としては、軽量で基盤タイプとなっているところで、小型ドローンやFPVドローンに搭載しやすくなっています。
また先日のJapan Drone 2022では、値段も4万円以下になるとのコメントもあり、価格面において優位になると思われます。

販売は2022年8月になっており、価格はオープン価格のため未定となっています。

TEAD

TEADのリモートIDは3種類あり、基盤タイプの物やバッテリータイプの物があります。
重量はバッテリー込みで12gで、外寸40×30×14mmのとにかく軽量でコンパクトな物となっています。充電時間は約2時間で、6~8時間動作します。

またIP54相当の防水・防塵設計で、通信距離は300m以上(地上見通し)となっています。

価格については、現在販売している店舗の価格で4万3000円ほどとなっています。

まとめ

今回紹介したリモートIDは、これから100g以上のドローンを始める方にとって切っても切り離せない関係になって来ます。

リモートIDはまだ開発されたばかりで値段も高価な物となっていますが、ドローンの普及とリモートIDの生産数も増えれば価格競争も行われ値段も下がっていくでしょう。

まだ販売を開始していないリモートIDや開発段階のリモートIDもあるため、これからどのようになっていくのか、とても楽しみですね!

また以下の記事では今回ご紹介したリモートIDについてだけではなく、ドローンについての様々な法律やルールについて解説しているため、最新の法律やルールについての情法をもっと知りたい方は是非ご覧ください!

【2021年6月】ドローンが免許制(国家資格)になると何が変わるのか?
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について