ノウハウ

ドローンメーカーとしてDJIが人気な理由とは!?

2022年現在、世界のドローン販売シェアNo1は中国のDJIです。

ドローンがこれほど有名になる前から存在する会社ではありますが、これほどの人気を誇る理由は何故なのか、今回はその理由を探ってみようかと思います。

①設立したのは意外と最近

まずはDJIはどんな会社なのかおさらいしましょう。

DJIは2005年に中国で創業されました。

その後2009年にDJI初製品となるフライトコントローラ(飛行制御システム)を開発。

2012年からドローンの代表格とも呼べる初代「Phantom」を発売。

2014年ごろからカメラを水平に維持する機能「ジンバル」や電波混線を防ぐ「Lightblidge」、手持ち可能なジンバル「Ronin」シリーズを次々と販売し空撮のみならず映像業界に革命を起こします。

以降、2016年に飛行性能はより良く、且つコンパクト性に特化した「Mavic」シリーズをはじめとして大型の産業用ドローンを開発し、点検や農業といった産業への参入も開始しています。

2021年11月にはMavic3も販売され、勢いは止まることをしりません。
 
現在その世界的販売シェアは7〜8割ほどと言われています。
 
以上がDJIの概要でした。

次からはユーザー目線でDJIの魅力をご紹介します。

②ジンバル性能

ジンバルとは簡単に言うと「常に水平を保つ機能」で、DJIの製品はほとんどにジンバルが搭載されています。

ドローンは飛行する際、機体に傾斜をつけることにより移動しており、ジンバルはこの傾斜に合わせて常に正面を捉え続けるため、ダイナミックかつ柔軟な動きが可能なドローンで綺麗な映像が撮影可能となっています。

さらに傾斜だけでなく、プロペラの振動や風による微妙な振動も解消してくれるため、現場によっては手持ちカメラよりも優れた撮影が可能となります。
 
今ではドローンのみならず他社のハンディカメラを搭載可能なRoninや、スマホをそのまま搭載可能なOsmoシリーズも販売されているため、ドローンユーザーだけでなく一般の肩にも浸透してきています。

③1台あればなんでもできる汎用性

もう一つの魅力はその汎用性の高さです。

DJI製品は一部を除き、点検や空撮「専用」と限られてはいません。

例えば最新のMavic3では解像度が最高5.1k、光学ズーム28倍まで使用可能ですので、空撮機と分類されていますが、屋根や外壁のキズ、塗装の剥がれなど、可視光カメラで代用可能な現場であれば十分通用します。

もちろんその名の通り空撮でも大活躍で、自動で飛行・帰還する機能も搭載されていますので難しい操作を必要としません。
 
初心者や会社で試験的に導入するなど、どんな分野でも利活用可能です。

④安全性能

もちろんジンバルだけでなく安全面も考慮されています。

代表的なものは以下の通りです。

●高性能障害物センサー
現在DJI製品では機種によりますが、前後のみから全方向(前後左右上下)まで障害物センサーを搭載しています。

Air2SやMavic3などの一般機では約2m程度まで接近すると自動で停止し、それ以上操作を受け付けなくなります。

もちろん開けた方向への操作は可能です。
 
MATRICEなどの産業用機体では同じく全方向の他、センサーの反応距離を独自に変更することが可能で、様々な現場へ対応しやすくなっています。
 
センサー作動時は徐々に減速してから停止するため、慣性が効きすぎて接触する可能性も下げられています。
 

●自動帰還機能(リターントゥホーム)
他にもコントローラとの接続切れやバッテリー容量低下時に自動で帰ってくる「リターントゥホーム」を備えています。

ドローンはバッテリーの特性上0%=墜落となりますので、事故や行方不明になるのを防ぎます。

帰還中の高度や中断も可能ですので、常に懸念される自動飛行の危険性を下げることも可能です。
 

●飛行エリア制限
DJIの飛行アプリでは航空法やその他関連法律で制限されている空域も常にチェックしマップに反映してるため、不法侵入や事故を自動で防げるように設定されています。

例えば空港周辺で電源を入れると画面に「制限空域」と表示され、モーターが起動できなくなるなど、安全対策が徹底されています。

さらにこのマップは自動で更新されるため、知らぬ間に違反していた、なんてことも少なくなっています。

⑤サポート機能の充実

アフターサポートも充実しており、全製品に「DJI Care Refresh」が適用可能です。

加入はユーザーの任意になりますが、機種により1万〜2万円で加入可能で加入すると、1年の間2回まで、水没や損傷により飛行が不可能となった際に少額を支払うことで新品と交換できるというものです。
 
もちろんこれだけではなく、通常の修理も受け付けていますので安心してご利用ください。
 
 
以上、今回はDJI製品が人気の理由をご紹介しました。

文章だけでは伝え切れない部分も多くありますので、ぜひドローンスクールお台場・新宿店頭で実物をご覧になってください!

無料体験も毎日実施していますので、事前にご予約のうえぜひご参加ください!
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について