ドローンのルール

ドローンのライセンス制度が閣議決定されました!

日本政府は3月9日、ドローンの操縦ライセンス制度の新設を含む航空法改正案を閣議決定しました。

これにより第三者がいる上空で操縦者が目視外飛行も可能になります!
今国会での成立を目指すとのことです。

今回の法改正では第三者のいる上空を飛ばせる1等と、それ以外の地域を飛ばせる2等の二つの国家資格の免許に区分されます。

ライセンスの対象年齢は、16歳以上になるとのこと。
国の指定機関で学科と実地の試験に合格すれば取得できるようになるそうです。

免許は3年更新のようです。
ドローンスクールをはじめとした民間の登録機関での講習を受ければ、試験の一部を免除できる仕組みもつくるそうです!
 
いよいよ具体化してきましたね。
また決定事項があればお知らせしますね!!
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について