ノウハウ

ドローンスクールに通うメリットとは?

ドローンスクール受講風景
今回は当スクールにお問い合わせ頂く内容でもっとも多い「ドローンスクールに通うメリットは何ですか?」についてコメントしたいと思います。
 
「仕事上でドローンの操縦が必要になる可能性がある」
「ドローンを扱う仕事に就きたい」
「ドローンで綺麗な映像を撮影したい」
 
と考えている方も多いのではないかと思います。
今回はドローンスクールに通うことで、どのようなメリットが得られるのかを解説していきます。

メリット①:ドローン飛行に関する許可申請の一部を省略できる

航空法によって200g以上のドローンは飛行できる場所が定められています。
人口集中地区など規制されている場所でドローンを飛行させるためには、事前に国土交通省への許可申請を行わなければなりません。
 
人口集中地区(DID)地区は以下よりご確認頂けます。
 
国土交通省の認可を受けているドローンスクールで資格を取得することで、この許可申請で必要な書類の一部の提出が免除されます。
---------------------------------------------------------------------
「「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」に記載された講習団体等の講習修了者は、飛行許可を受ける際に当該講習団体等が航空局HPに掲載された日以降に発行した技能証明書等の写しを提出することで申請書様式3及び無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性の提出が不要となります。」
---------------------------------------------------------------------
【引用】:「国土交通省:3.許可・承認手続きについて」より
 
ビジネスの現場でドローンを飛行させる際、許可申請の時間を短縮することができるため、業務の効率化に繋がります。
 
国土交通省の認可を受けているドローンスクールについては以下から確認できます。
もちろんドローンスクールお台場(株式会社ハミングバード)も国土交通省の認可を得ています。
 
「飛行許可を受ける際の申請書類の一部を省略することができる講習団体等」からご確認ください。

メリット②:ビジネスシーンでの信頼度が上がる

ドローン空撮現場
ドローンを使った仕事を行う上で、必須となる資格などは定められていませんが、それでもドローンスクールで資格を取得することで、ビジネス上での信頼感が得られます。

当スクールの場合は一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の「ドローン操縦士回転翼3級」の資格が取得可能です。資格を有していれば、それだけでドローンに関する知識や操縦技術を身につけている証明になります。
 
資格を保有していない状態で、知識や技術を証明するのは非常に困難です。
ドローンによる撮影の仕事を受けたり、撮影場所で許可を取ったりする上で、資格を取得しておけば話もスムーズに進められるようになります。
最近ではクライアントから空撮や点検等のお仕事を受ける場合において、資格の有無を聞かれる機会も増えています。
ドローンを生かして仕事を受けたい、ドローンの仕事に就きたい方はドローンスクールに通うことをおすすめします。

メリット③:ドローンを安全に飛行させる操縦技術、知識が身に付く

毎年、多くのドローンによる事故が発生していますが、事故要因で最も多いのは操縦士による「操縦ミス」です。
 
機首方向の錯覚、障害物との距離の把握ミス、逆光による視界不良、飛行前のキャリブレーション忘れなど要因は様々ですが、ドローンを飛行させる際には注意しなければならないポイントはたくさんあります。
 
例えば自動車のハンドルやブレーキを操作したことが無い方がいきなり自動車を運転するのは危険ですよね。ドローンも同様で、正しい操縦方法を最初に学ぶことは大事です。
 
特にドローンは機首方向を変えると途端に操縦方法が難しくなります。
ドローンスクールお台場では、実技だけで最低10時間以上の飛行を行って頂きます。しかもインストラクターがマンツーマンで操縦をサポートしますので、正しい操縦技術を徹底的に学んで頂くことが可能です。
 
そして、ただ操縦が上手くなるだけでは、安全にドローンを飛行させることはできません。
 
「ドローンの飛行が禁止される場所」「ドローンが飛行する原理」「ドローンの点検方法」など、飛行技術以外にも学ぶべき知識はたくさんあります。
 
座学では航空法から条例まで含めたドローンを飛行させるためのルールや、ドローンの仕組み、アプリケーションの使い方までをしっかりと学んで頂きます。

メリット④:ドローンを飛ばす仲間ができる

卒業生合宿
皆さんの周りにドローンを操縦できる人はまだまだ少ないと思います。
ドローンスクールに通うことで、同じ目的を持ったドローン仲間を作れますし、取得する資格によっては認定者同士で繋がられるコミュニティに参加することもできます。
 
当スクールでも卒業生と一緒に熱海に空撮合宿に行ったり、サバゲーを開催したりと、卒業生同士で繋がりを持ってもらえる機会を積極的に作っています。またFacebookの卒業生グループを作成しており、その中で交流頂くことも可能です。
 
ドローン仲間同士で情報交換を行ったり、一緒に集まってドローンを飛ばして楽しんだりと、ドローンをより深く楽しむことができるでしょう。

メリット⑤:ドローンのプロに相談できる

ドローンインストラクター
ドローンスクールでは、プロのインストラクターによる指導を受けることができます。
実技や学科といった講習を受ける中で、プロに相談をしながら的確なアドバイスを受けられることはメリットが大きいです。
 
個人でドローンの練習をしていると、知識が偏ったり、良くない癖がついたりすることもあります。ドローンの人材育成のプロの指導を受けることで、正しい知識と技術を身に着けることができるでしょう。
 
当スクールでは空撮や外壁点検、屋根点検などの現場経験豊富なインストラクターが多く在籍しています。特に現場での失敗事例や注意点、トラブル時の対応などは現場経験のある人間にしか分からないので、経験のある人間から意見を聞けるのは非常に貴重だと思います。
ビジネス用途でドローンをご検討の方は、現場経験のあるインストラクターから学んで頂くのが一番良いです。
 
なお、ドローンスクールお台場では、資格取得のコース以外にも「空撮コース」「外壁調査コース」「屋根点検コース」など、スペシャリスト育成コースも充実しているのが特徴です。

おまけ:今後、免許制が開始した際に優位になる可能性も

現在、ドローンを飛行させる上では自動車のように免許は必須ではありません。
ただし、ドローンが普及していく中で法律が整備され、将来的に免許制になることも考えられます。
現在、官民協議会においても免許制は議論されています。
 
参考:空の産業革命に向けたロードマップ2019

まとめ

ドローンスクールに通うメリットについて解説しました。
 
【ドローンスクールに通うメリット】
・ドローン飛行に関する許可申請の一部を省略できる
・ビジネスシーンでの信頼度が上がる
・ドローンを安全に飛行させる操縦技術、知識が身に付く
・ドローンを飛ばす仲間ができる
・プロに相談できる
 
ビジネスでドローンを扱う人にとっては、必須となるのは間違いありませんし、アマチュアの方でも本格的にドローンを楽しもうと思っているなら、知識や技術の取得におすすめです。
 
現時点でドローンを飛行させるのに免許は必要ありませんが、将来的に資格が必要になる可能性もあるため、今のうちにドローンスクールに通って、資格を取得しておくとビジネス上でも有利に働く可能性もあります。
 
まずはもっと詳しくドローンについて知りたい、触れてみたい方は無料の体験会&説明会にご参加ください!

無料の操縦体験会のお申込みはこちらから
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について