ドローン情報

ドローン初心者におすすめ『DJI Mavic Mini』レビュー

DJI Mavic mini
ドローンスクールお台場のインストラクターが独自の視点でDJIのオススメドローンを紹介していきます!
初回は『DJI Mavic Mini』です!!

昨年の今頃から予約を開始して、あっという間に予約完売。2019年11月中旬に発売後も完売続出で中々手に入らなかった程の人気を呼んだMavic Miniについてご紹介します!
DJI Mavic mini
単品:\46,200円(税込)
Flymoreコンボ:\59,400円(税込) 
 
スペック【日本版】
発売:2019/11中旬
重量:199g
サイズ:折畳み時
   :展開時
最大飛行時間:18分
カメラセンサー:1/2.3インチCMOS
有効画素数12MP
2.7KまたはFHDでの撮影が可能
※詳細はDJI HP(https://www.dji.com/jp/mavic-mini/specs)にてご確認下さい
Mavic Miniおススメポイントその①【コンパクトで持ち運びしやすい上に操作も簡単!】
まずはお写真を見て頂いた通りなのですが、元々小型な上に折り畳めちゃうので非常にコンパクト!Flymoreコンボに付属しているケースに入れてもコンパクト!
この価格でGNSSセンサー(GPS+GLONASS)が搭載されていて自動ホバリングが可能、RTH(自動帰還機能※作動条件あり)、ジオフェンス(飛行禁止区域を回避機能)がついていて、操作も簡単。タップひとつで自動撮影が出来るクイックショットも4種類ついていますので、初心者でも綺麗な画が撮れちゃうんです…!

Mavic Miniおススメポイントその②【飛行させやすい】

Mavic Miniが初心者向けといわれるその理由は機体重量にあります。
航空法の規制については200g以上の無人航空機を対象としていますが
Mavic Miniの重量は199g!航空法では模型飛行機に分類されます。
航空法対象外であれば、国土交通省への申請は不要なので手間もかからないですし
価格も手をだしやすいので、ググっと飛ばせる範囲は広がりますね!

Mavic Miniおススメポイントその③【アクセサリー豊富】

人や建物に当たった場合のダメージを最低限におさえるための360°プロペラガードの装着が可能です。Flymoreコンボのセット内容い含まれているのも嬉しいですね!あとはステッカーやマーカーを用いて自分好みにデザインするためのクリエイティブキットなるものが販売されています。デザインが出来ない方向けにパーツごとに切り分けられたシールも販売されてますので、オール赤にしたり、ところどころのパーツだけ貼ってみたり等楽しめます!カラープロペラや送信機のシールもありますのでぜひ探してみてください!
個人的には充電ベースがおすすめです。カッコいい!

Mavic Mini注意したいポイント①【風】

200gと非常にコンパクトで軽量な分、風に流されやすくなるのは避けられません。
勿論、風に流されるというのはどの機体でも起こり得る事なのでMavic Miniに限った事ではないですが、Mavic Miniを操作する上では1番気を付けたい所であります。
 
Mavic Miniはスペック上最大風圧抵抗8m/s(スケール4)との記載があり、こちらは陸上でいうと“陸上で砂埃が立ち、紙片が舞い上がる。小枝が動く。”という基準説明がありますが、環境によっては不規則な風が起こる事もありますし、必ず耐えられるというものでもありません。また200g以上の対象とする無人航空機飛行マニュアルでも、基本的に5m/s以上の状態では飛行させない記述がありますので、無茶しない飛行を心掛けましょう。
 
流されてしまった場合には【墜落】の危険性や、GNSSセンサー(GPS・GLONASS)が利かなくなってしまい【ATTIモード】(自動ホバリング機能がなくなり、舵を入れない限り流れっぱなし)に切り替わってしまう等、最悪の場合、人や建物に当たってしまいダメージを与えてしまう可能性があります。

Mavic Mini注意したいポイントその②【バッテリー切れ】

Mavic Miniの最大飛行時間は日本向けの場合『18分』となっています。しかし、こちらはあくまで“無風で12km/hの速度で飛行時に測定”していますので全てにおける最大飛行時間ではありません。風や寒さ等の外的要因や、がっつりスピードを上げて極端にパワーを消耗したり等の飛行のさせ方によって飛行時間は異なります。
そのため、しっかりバッテリー残量の確認やアプリ上に何か注意表記等が出ていないかこまめに確認するようにしましょう。

Mavic Mini注意したいポイントその③【障害物センサーはついていない】

Mavic Miniについているのは下方のビジョンセンサーのみとなりますので、障害物を避けたり、障害物を検知すると止まる等の動作は出来ません。センサーに頼ることが出来ない分、ご自身のスキルと飛行させて問題ないか・飛行を続けて問題ないか等の判断力が求められます。

Mavic Miniをおすすめしたい方

・ドローン初心者の方
・旅行先で活用されたい方
・そこまで本格的にやるわけではないけどしっかりドローンを飛ばして撮影したい方
・ドローンの活用の目途が立っていないけどいずれ使用する方・操作感を忘れたくない方
・お子様と楽しみたい方
 
コンスタントに飛行させる方や1度の飛行である程度の時間を撮影したい方、飛行高度を高く設定されたい方、オフィス街での撮影(ビル風に注意)には不向きかもしれません。出来ないわけではないですが、環境によって飛行が難しい場合があります。
 
以上、よろしければ参考にして頂ければ幸いです!
ドローンSHOPお台場で直接ご覧いただくことも出来ますし、お電話での在庫確認も可能です!コースご受講に併せてご購入・セットアップも無料で一緒に行いますので、ぜひお問合せ下さいませ。

ショップページはこちらから

TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について