ノウハウ

新コースの【夜間飛行コース】を体験頂きました!

こんにちは。ドローンスクールお台場です。
今回2016年~2020年3月までに、当スクールをご受講された皆様に向けて日頃の感謝と更なるスキル向上を頂くお手伝いをさせて頂きたく”新コースモニターキャンペーン”を実施致しました。

新コースの立ち上げから早1か月経ちますが、回転翼三級コースをご受講された皆様より
【目視外飛行コース】・【夜間飛行コース】については実際にお仕事で飛行させる場合において必要となるシーンが多く、
需要があるため「訓練しておきたい」「やってみたい!」というお声を多く頂き、ご受講を頂いております。

そこで、今後ご受講する方またはご受講をお考えの方に向けて、「受講風景」や「実際にご受講してみてどう思ったか」をモニター協力を頂いた2名の方にインタビュー、アンケートを実施しましたのでぜひご参考にして頂ければ幸いです。

【夜間飛行コース】細川 顕様

細川さんは撮影のお仕事をされているので、今回の【目視外飛行】と【夜間飛行】はいずれにしても行う場面が出てくる可能性があるとの事。
当初は飛行させる頻度が多そうな目視外飛行のみでモニター希望を頂いていたのですが、その後にもう1度改めて夜間飛行でモニターのお申込みを頂いていたんです。
まさかお仕事で急遽夜間飛行が必要になるようなご依頼があったとは知らなかったので、タイミングに加えて抽選に当たるという強運の持ち主でいらっしゃるなと思いました。
夜間飛行コースは最初の30分~40分くらいで座学を行います。
内容としては夜間飛行の概要や飛行させる上で注意すべき事等をご案内します。基本的にオプションコースはマンツーマンでのご受講ですので、ご不明点や気がかりなことがあればぜひお申しつけ下さい。
 
※2名までのご受講が可能ですがその場合終了時間が少し延びます。
座学が終わった後は早速実技の内容の説明と実際に操縦を行います。
中々ドローンを飛行させる機会が少ない方でも、まずは明るいままで一通り練習を行いますのでご安心ください!
練習機ではなく実際に現場や外で飛行させる機体で行いますので力加減に気を付けて頂ければ問題ありません。
機体は持込でもOKですが当スクールでは「Phantomシリーズ」または「Mavicシリーズ」をご用意しています。
夜間の場合は機体についている前後のランプ、または機体によって下方部にライトがついているものもありますので、それらを駆使して訓練を実施していきます。
夜間でも街灯等があり真っ暗闇というケースは中々ないため多少の光を入れているものの、実際かなり暗いです。

ちなみに暗闇での操縦も集中力が必要な為、合間をみて10分~15分ほど休憩を挟んでいます。
普段と異なるシチュエーションでの飛行って後からどっと来ることが多いので休憩時間はしっかり休憩しましょうね!
実技内容は14項目、テストはその中から5項目行います。インストラクターの指示のもとゆっくり飛行を維持できるかが合格基準になります。

【夜間飛行コース】~受講を終えて~

以上、新コースモニターキャンペーン【夜間飛行コース】をお届けました。

夜間コース含めた各コースはこちら

最後までお読み頂きありがとうございました!
TOP