ノウハウ

ドローンを操縦するために資格・免許は必要?

ドローン操縦の練習中
ドローンスクールを運営している中で、「ドローンを操縦するために資格は必要ですか」とよく聞かれます。
当スクールの説明会だけでなく、当スクールのお台場校がございますVenus Fortに遊びに来て、
たまたまお立ち寄りくださるお客様にもお声かけ頂く中でよく話題にあがります。
 
「ドローンを飛行させるために資格は必要なのか」
 
このご質問についての回答は「必要ありません」です。

単純に“ドローンを飛行させる”という事だけに着目するのであれば、必要ありません。
ドローンを飛行させる上でのルールや規制、法令を守って頂ければ問題ないのです。
 
では、「なぜスクールに通うのか」「資格を取得するメリットは何なのか」を今回ご説明していきたいと思います。

なぜスクールに通うのか?

スクール卒業生
1番の理由はドローンの練習環境にあります。仮にドローンを始めようと思って購入したとしても、練習出来る場所は限られます。
特に都市部においては航空法に該当してしまうケースがほとんどのため、航空法に該当しない場所を確保するのは中々難しいです。

国土交通省へ申請許可を行うとしても、

操縦士の基準として“GPS等の機能を利用せず安定した離着陸・飛行ができること“そして”10時間以上の飛行経歴を有すること“等の審査要領が決まっています。

環境を整えたり、物をそろえることを含めた条件を個人でクリアするには時間がかかります。
それらを踏まえるとスクールに通った方が早く合理的といえます。
 
知識面おいても、規制や法令をインターネットで調べる上では誤った情報や昔の話と混同しているものも多いです。
それらには現在だと罰則規定(罰金や懲役を科す場合があります)を設けている事もありますので、「ネットに書いてあった」「知らなかった」では済まされません。
 
スクールでは正しい知識と操作方法を学んだ上で練習が出来ますし、実際に現場で使用されているドローンを複数見る事が出来たり、使用感を試したり、
現場で活用する操縦士ならではの話を聞く事が出来ます。
実践する上では参考にして頂けるかと思いますし、そういった情報を得るという部分においても非常に有効的かと思います。

ドローン資格を取得するメリット

①国土交通省への許可申請の際に、操縦士として必要な基準を満たす証明になる
ドローンを飛行させる際に国土交通省より許可が必要になる環境下で飛行させる場合には許可申請を行う必要があります。
その申請時に、所要の要件を満たす民間講習団体及び講習団体を管理している団体として認定されているスクール(または協会)の講習を修了、
資格を取得した場合には“無人航空機の操縦スキルや知識、10h以上の飛行経歴を有している”との飛行証明になり、確認の簡略化”が出来ます。
※申請書を作成するにあたり、操縦士を登録する際に「新規作成(HP掲載団体技能認証あり)」または「新規作成(HP掲載団体技能認証なし)」を選択する項目があります。
 
②許可申請の際にクライアントへの信頼を掴む
法人・個人問わずお仕事で空撮を依頼する上で、依頼先を検討する際にはまず一通りの知識とスキルを所持しているかどうかが基準になります。
しかし、口頭で「私は知識とスキルを持っています」と説明しても、撮影した映像がよく取れていたとしても、実際どうなのかはわからないですよね。
説明の仕様がないのです。そのため、一通りの基準を満たしている証明として“資格を取得する“ことでクリアできます。
 
③関係各所への飛行説明資料として説明がスムーズになる
ドローンの飛行に関して確認が必要なのは国土交通省だけではありません。
飛行させる場所や内容によっては土地所有者、警察署、近隣住民に説明や挨拶を行うこともあります。
②と同じで信頼を掴むという点で資格証をお見せした上で行うと、比較的スムーズに行うことが可能です。


最近は空撮や外部指導のご依頼頂くにあたり、事前に“資格証”と“国土交通省の申請許可証”の写しを求められるケースもあります。仮に同じように事前にこの2点を求められた場合、せっかくのご依頼をお断りしなければならない状況も出てくるかもしれません。

仕事で活用する前提のお話をしてきましたが、個人的な趣味で使用する場合にもクリアする条件は同じです。
 
以上、スクールに通う理由と資格取得のメリットになります。
元々の問いである「ドローンを飛行させるために資格は必要なのか」についての回答は「必要ありません」ですが、これらのお話をさせて頂いた上では「資格は持っておくのがベスト」であり、仕事で使用するのであれば「資格を持っておくのがマスト」と言えるでしょう。

ドローン操縦士回転翼3級

ドローンスクールお台場は国土交通省に登録されている講習団体です。
当スクールの「回転翼三級コース」をご受講し、修了頂きますと「回転翼三級」という資格の取得が可能です。

この「回転翼三級」は上記で説明したとおり国土交通省への申請の際に操縦士に必要な基準の証明となり、関係各所へのご説明に有効活用が出来ます。
また自動付帯の保険がついておりますので、機体の種類問わず関係なくドローンの操縦で賠償責任を負ってしまった場合に補償があるので、更なるメリットと言えます。

詳しくはこちら→https://www.hb-j.jp/school/course/license/
 
いかがでしたでしょうか。

ドローン界隈に入って様々な方面からお話を伺ったり、現場で知り得た経験からお話をさせて頂きましたが、ドローンスクールお台場校・渋谷分校ではドローン無料説明会(体験含む)を行っています。
上記のお話も含め、当スクールのインストラクターは現場や趣味で使用しているものもいますし、ショップの人間やコンサルを担当する者もおります。記事をみて気になった方はぜひ、お気軽にお話聞かせて下さいね。お待ちしております~!

無料操縦体験会はこちら→https://www.hb-j.jp/school/form/
TOP