ドローンのルール

「ドローン規制を理解しないと危険!200g未満のドローンで適用される法律」

趣味でも仕事でもドローンを飛ばすときには、関連する法律についてキチンと理解しておかなければなりません。
 
ドローンの飛行には法律による規制がかけられており、飛行が禁止される場所や区域が定められています。
 
禁止場所でドローンを飛ばしてしまうと警察に捕まり懲役または罰金に処される可能性もあります。
 
また、法律によって対象となるドローンの機体重量が異なるので注意してください。
今回はドローンの飛行に関連する2つの法律と200g未満の機体にも適用される法律の内容について解説していきます。
 
1.ドローン飛行に関する2つの法律
ドローンの飛行に関する法規制には主に以下の2つがあります。
 
・航空法
・小型無人機等飛行禁止法
 
この2つの法律でドローンの飛行禁止場所に関する規定が設けられています。
 
2つの法律の違いとしてはこのようになっています。
 
・航空法:ドローンを含む航空機全般の飛行ルールを定めた法律
・小型無人機等飛行禁止法:ドローンの重要施設周辺地域の上空における飛行の禁止を定めた法律
 
それぞれの法律ではドローンの飛行が禁止される場所や区域、時間帯などが以下のように定められています。

【飛行禁止場所・区域

航空法
・空港周辺の上空の空域
・人口集中地区の上空
・150m以上の高さの空域
・夜間飛行
・目視外飛行
・人や建物などから30m未満の距離での飛行
・イベント上空での飛行
・危険物の輸送
・物件投下
 
小型無人機等飛行禁止法
・国の重要な施設等
・対象危機管理行政機関及びその庁舎
・対象政党事務所
・対象原子力事業所
・対象外国公館等
・対象防衛関係施設
2つの法律が定める飛行禁止場所や区域をみても明らかなように、それぞれが別の特性を持った法律であることがわかります。
 
それぞれの法律に関してわかりやすくまとめたサイトが警視庁と国土交通省に載っていますので必ず確認してください。
 
「国土交通省-航空法(無人航空機の飛行ルール)-」
 
「警視庁-小型無人機等飛行禁止法-」
 
2.「小型無人機等飛行禁止法」は200g未満のドローンにも適用される
それぞれの法律には規制の対象となるドローンの重量が規定されています。
 
・航空法:200g以上の機体
・小型無人機等飛行禁止法:重量問わず全ての機体
 
このように「航空法」では、機体の重量が200g以上(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものが規制の対象になっているのに対して、「小型無人機等飛行禁止法」では重量に関わらず全ての機体に規制が適用されます。
 
よくドローンに関連する法律を調べていると「200g未満は適用外」という言葉をよく見かけますが、これはあくまで「航空法のみが適用外」となっていることに注意してください。
 
200g未満のドローンでも「小型無人機等飛行禁止法」の適用は受けるので、禁止場所で飛行させると罰則を受ける可能性があります。
 
3.飛行禁止場所でドローンを飛ばすにはどうすればいい?
「航空法」と「小型無人機等飛行禁止法」によってドローンの飛行禁止場所が規定されていますが、指定の場所で絶対にドローンを飛ばすことができないわけではありません。
 
該当する場所でドローンを飛ばすには、関連する省庁への許可申請を行う必要があります。
許可を受ければ飛行運用ルールにしたがってドローンを飛ばすことができます。
仕事などであらゆる場所での飛行が必要となるドローン操縦者の方は、どういった手続きをすればよいのかについても理解する必要があります。

【必要な許可申請・飛行が許可される例外】

航空法
・国土交通大臣の許可
・地方航空局長の許可(空港周辺または人口集中地区での飛行の場合)
 
小型無人機等飛行禁止法
必要な許可申請・飛行が許可される例外 ・国土交通大臣の許可
・地方航空局長の許可(空港周辺または人口集中地区での飛行の場合) ・公安委員会への通報
・対象施設の管理者の同意
・該当の土地の所有者である場合
・土地の所有者の同意
・国または地方公共団体の業務を実施するための飛行
許可申請が必要な組織や手続方法を把握して、スムーズに許可が受けられるようにしましょう。
 
4.まとめ
ドローンを飛ばすときは関連する法律の内容だけでなく、法律が適用されるドローンの重量についても抑えておきましょう。
 
「航空法」は200g以上のドローンが適用の対象となっていますが、「小型無人機等飛行禁止法」は重量を問わず全てのドローンが対象です。
 
ドローンに関する法規制をキチンと理解しないとトラブルに発展しますし、罰則が課せられる可能性もあります。
 
詳しい法律の条文については「e-Gov」からも確認できるので、一度目を通してみてください。
 
「電子政府の総合窓口e-Gov-航空法-」
「電子政府の総合窓口e-Gov-小型無人機等飛行禁止法-」
 
TOP