お知らせ

水害時におけるドローンによる状況把握&LIVE中継の実証実験を実施しました!

本日は某自治体のお仕事で、河川が氾濫した際の状況をドローンで撮影し、その映像をLIVE中継する実証実験を実施しました。
 
実際の映像がどのように映るのか、オペレーション含めて確認を行いました。


河川の氾濫などの水害が発生した場合、人が現地の状況を目視で確認しに行くことは非常に危険です。

そんな時にドローンを活用して状況把握することは非常に有効です。

さらにLIVE中継で状況を遠方の災害対策本部などに共有することで、的確な指示、判断が行えるようになります。

 
なお、次回は都心部の河川で検証を予定しています。

TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について