重要

江戸川区と「災害現場の空撮等に係る協定」を締結

江戸川区斉藤区長、ハミングバード鈴木
株式会社ハミングバードは、11月11日に東京都の江戸川区と「ドローンを活用した災害現場の空撮等に係る協定」を締結しました!
 
江戸川・荒川の大河川や海に囲まれた河口に位置する江戸川区は、かつての地下水汲み上げによる地盤沈下の影響も加わり、区面積の7割が満潮位以下のゼロメートル地帯と呼ばれる低地であり、洪水や高潮による浸水被害の危険性がある地域となっております。
 
また、今後発生が迫っている可能性のある首都直下地震では、江戸川区においても甚大な被害が発生すると想定されております。
 
本締結により、災害発生時には江戸川区の要請に基づきハミングバードが管理しているドローン操縦士が被災現場でドローンを運用し、上空から被災状況を迅速に把握できるようになります。
 
江戸川区の斉藤区長からは、「上空から被災状況を把握できるのは画期的なことで、今まで2次元で考えていたものが3次元で捉えられるようになる。今後も相談しながら災害に備えていきたい」とお話いただきました。
 
詳しくはリリースを是非ご覧ください!
 
▼ハミングバード リリース
 
▼江戸川区リリース
 
TOP
新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について